お知らせ

2021-01-05 21:31:00

住宅ローン金利一覧:令和3年1月「謹賀新年!コロナ感染者最多更新中、令和3年も低金利は続くのか?」

住宅ローン金利一覧:令和3年1月「謹賀新年!コロナ感染者最多更新中、令和3年も低金利は続くのか?」

大手銀行は1月に適用する住宅ローン金利を公表しました。

 

明けましておめでとうございます。本年もゼロネクストをよろしくお願いいたします。

新年が明けても新型コロナウイルスの収束は見えず感染者は1日当たりの最多を更新している状況です。

 

昨年はワクチン普及への期待から米国の長期金利は上昇し、日本の株価もバブル崩壊後高値を更新となっておりました。しかしこの日本株高は実体経済と乖離しているとの指摘が出ており、今の株高の流れから好景気に入るとは考えにくいため、しばらくは低金利が続くと予想しております。今月の都市銀行の固定型金利はの多くは動きはありませんでしたが長期金利が下がった影響でフラット35の金利を中心に0.02%下げております。

 

フラット35金利は先月より0.02%下げ1.29%となっております(団体信用生命保険込、借入期間21年以上、頭金10%以上)。

「フラット35S」(省エネルギー性、耐震性など質の高い住宅が対象です)であれば、当初10年または5年間は、1.04%(6年目以降は1.29%)と低金利となっております。

 

 

【令和3年度税制改正の大綱】

 

コロナ感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図ることを目的として、先日閣議決定された令和3年度税制改正の大綱に、住宅ローン減税及び住宅取得等資金に係る贈与税非課税措置の延長等が盛り込まれました。※今回の措置は、今後の国会で関連税制法が成立することが前提となります。

 

住宅ローン減税

現行の控除期間13年の措置について、契約期限は分譲住宅等(令和2年12月~令和3年11月)と入居期限(令和3年1月~令和4年12月)を満たす者に適用。

上記の控除期間13年の措置の延長分については、床面積要件を40平米以上に緩和。

※40平米以上50平米未満については、合計所得金額1,000万円以下の者に適用。

 

住宅取得等資金に係る贈与税非課税措置

令和3年4月~令和3年12月の住宅取得等に係る契約について、令和2年度と同額の非課税限度額(最大1,500万円)を措置。

床面積要件を40平米以上に緩和。

※40平米以上50平米未満については、合計所得金額1,000万円以下の者に適用。

 

参照・国土交通省HP

https://www.mlit.go.jp/report/press/house02_hh_000164.html

 

 

~お客様へ~

 

 「ゼロネクスト」では新型コロナウイルスの発生に伴う拡散・感染予防対策として、緊急事態宣言解除後も下記の対策を行っております。

 

※感染拡大の防止の観点から、事務所へ出社する社員を制限し、多くの社員・スタッフについて在宅勤務を継続しております

※37度以上の熱がある従業員や体調不良者の自宅待機

※社内衛生環境の強化

※事務所内の接客ルームの衛生環境強化

 

咳およびその他風邪の諸症状や発熱、強いだるさや息苦しさ等があるお客様におかれましては、誠に恐縮ですが、物件内覧をご遠慮いただき、感染拡大防止にご協力をお願い申し上げます。

上記は、お客様並びに社員の健康と安全確保のための対策であり、安心してご相談いただける環境づくりを行ってまいります。

2020-12-02 17:01:00

住宅ローン金利一覧:令和2年12月「住宅ローン減税、適用要件を床面積40平方から!物件価格上昇?」

住宅ローン金利一覧:令和2年12月「住宅ローン減税、適用要件を床面積40平方から!物件価格上昇?」

大手銀行は12月に適用する住宅ローン金利を公表しました。

 

気が付けば季節は師走の冬の到来、新型コロナウイルス感染者数の減少に歯止めがかからない状況が続いているなか、政府の「住宅ローン減税 要件の緩和」といったニュースがでてきました。日本政府の与党は、住宅ローン減税が受けられる住宅の床面積の要件を緩和し、現在の50平米以上から40平米以上とする方針を固めたとの事です。従来は親子の生活に必要な3LDKの共同住宅を想定していましたが、世帯構成の多様化など時代の変化に合わせて制度を見直し、より小さい面積の物件も対象に含めるとしています。2021年度税制改正で議論し、近日中にもまとめる与党税制改正大綱に反映させるとの事です。左記が実施されれば登記簿面積50平米以下の物件は住宅ローン控除対象外となっていたために断念するケースもありましたが時代に合わせる形で購入者のメリットになる施策はうれしいですね。施策決定後は価格上昇も予測されますので今後の動向には注視していきます。

 

新型コロナウイルス感染症のワクチン開発への期待から投資家心理がリスクオンに振れてたため日経平均株価はバブル崩壊直後来の高値を更新し続けています。しかし日本の長期金利は上がっていない影響から住宅ローン金利は先月と比べてほぼ横ばいとなっております。

 

 

フラット35金利は先月より横ばいの1.31%となっております(団体信用生命保険込、借入期間21年以上、頭金10%以上)。

「フラット35S」(省エネルギー性、耐震性など質の高い住宅が対象です)であれば、当初10年または5年間は、1.06%(6年目以降は1.31%)と低金利となっております。

 

~お客様へ~

 

「ゼロネクスト」では新型コロナウイルスの発生に伴う拡散・感染予防対策として、緊急事態宣言解除後も下記の対策を行っております。

 

※感染拡大の防止の観点から、事務所へ出社する社員を制限し、多くの社員・スタッフについて在宅勤務を継続しております

※37度以上の熱がある従業員や体調不良者の自宅待機

※社内衛生環境の強化

※事務所内の接客ルームの衛生環境強化

 

咳およびその他風邪の諸症状や発熱、強いだるさや息苦しさ等があるお客様におかれましては、誠に恐縮ですが、物件内覧をご遠慮いただき、感染拡大防止にご協力をお願い申し上げます。

 

上記は、お客様並びに社員の健康と安全確保のための対策であり、安心してご相談いただける環境づくりを行ってまいります。

 

2020-11-06 15:17:00

~物件情報~ 中古マンション オクトピア汐見台(茅ヶ崎市汐見台)4階部分 最上階

茅ヶ崎海岸 徒歩5分の立地。海好きの方にお勧めのマンションです。

最上階 4階部分 角部屋/2SLDK/65.18m2(壁芯)/4.96m2(バルコニー)

 

◆ 4階部分の最上階・角部屋につき陽当たり良好

◆ 徒歩2分にバス停「茅ヶ崎学園入口」

◆ 広々65平米の2SLDK 

◆ 茅ヶ崎海岸まで徒歩5分

◆ 茅ヶ崎市立汐見台小学校徒歩5分

◆ 安心の新耐震基準建物(昭和59年築) 

 

建物外観・エントランス

 外観.jpg  エントランス1.JPG

 

 

駐輪場・駐車場

駐輪場.JPG  駐車場.JPG  

 

茅ヶ崎海岸 徒歩5分

ref_xl.jpg  7726a651c02796a2abb45741259afa4a_t.jpeg

  

間取り

間取り 修整.jpg

 

 

 

<物件概要>

 

マンション名/オクトピア汐見台

 

所在地/神奈川県茅ヶ崎市汐見台 地図:GoogleMap

 

交通/東海道本線 「辻堂」駅 バス10分 茅ヶ崎学園入口 バス停下車 徒歩2分

   東海道本線 「茅ヶ崎」駅 バス10分 茅ヶ崎学園入口 バス停下車 徒歩2分

 

価格/1,250万円

 

間取り/2SLDK

 

専有面積/65.18m2(壁芯)

 

バルコニー面積/4.96m2

 

構造/鉄筋コンクリート造 地上4階建

 

所在階/4階部分

 

築年月/昭和59年3月

 

総戸数/16戸

 

土地権利/所有権

 

管理会社/(株)ウィッツコミュニティ

 

管理形態/全部委託

 

管理員/巡回

 

管理費/9,000円(月)

 

修繕積立金/9,000円(月)

 

旧分譲会社/オクトジャパン

 

施工/多田建設(株)

 

エレベーター/無

 

駐車場/有

 

駐輪場/無償 

 

インターネット/J:COM

 

ペット飼育/不可

 

事務所使用/不可

 

現況/居住中

 

引渡/相談

 

取引態様/仲介

 

※図面と現況が相違する場合は、現況を優先とさせて頂きます。上記面積は壁芯になります。

 

 

 

ご内覧の際はお気軽にお問合せ下さい。

 

電話:0120-033-223

 

メール:info@sumainext.co.jp

 

担当:大木

 

問合せフォーム:https://sumainext.co.jp/contact

2020-11-04 21:25:00

住宅ローン金利一覧:令和2年11月「米大統領選の行方が金利変化に大きく作用?金利はどうなる!」

住宅ローン金利一覧:令和2年11月「米大統領選の行方が金利変化に大きく作用?金利はどうなる!」

大手銀行は11月に適用する住宅ローン金利を公表しました。

 

 

新型コロナウイルス感染者数の減少に歯止めがかからない状況が続いているなか、政府の「住宅ローン減税の特例」が延長を検討するといったニュースもでてきました。日本での新政権発足に続き、現在米大統領選が大きな注目を集めており、トランプ氏・バイデン氏の両候補共に強い経済政策を訴えている影響観測から米国の長期金利が上昇、日本の長期金利も波及を受けて上昇している状況になります。また新大統領が決定した後にさらに米長期金利が大きく上がる可能性もあるといわれておりますが選挙の行方と市場の反応を予測するのは非常に難しく、長期固定を検討されている方は今後の動向に注視し、複数の金融機関の金利タイプを検討していったほうがよろしいかと思います。

 

フラット35金利は先月より0.01%上昇の1.31%となっております(団体信用生命保険込、借入期間21年以上、頭金10%以上)。

 

「フラット35S」(省エネルギー性、耐震性など質の高い住宅が対象です)であれば、当初10年または5年間は、1.06%(6年目以降は1.31%)と低金利となっております。

 

 

~お客様へ~

 

「ゼロネクスト」では新型コロナウイルスの発生に伴う拡散・感染予防対策として、緊急事態宣言解除後も下記の対策を行っております。

 

※感染拡大の防止の観点から、事務所へ出社する社員を制限し、多くの社員・スタッフについて在宅勤務を継続しております

※37度以上の熱がある従業員や体調不良者の自宅待機

※社内衛生環境の強化

※事務所内の接客ルームの衛生環境強化

 

咳およびその他風邪の諸症状や発熱、強いだるさや息苦しさ等があるお客様におかれましては、誠に恐縮ですが、物件内覧をご遠慮いただき、感染拡大防止にご協力をお願い申し上げます。

 

上記は、お客様並びに社員の健康と安全確保のための対策であり、安心してご相談いただける環境づくりを行ってまいります。

 

2020-10-01 10:56:00

住宅ローン金利一覧:令和2年10月「菅政権発足!金融緩和に積極的で低金利継続か?今後の住宅ローン金利はどうなる?」

住宅ローン金利一覧:令和2年10月「菅政権発足!金融緩和に積極的で低金利継続か?今後の住宅ローン金利はどうなる?」

大手銀行は10月に適用する住宅ローン金利を公表しました。

 

新型コロナウイルス感染の・第2波の影響で行動自粛等厳しい季節が過ぎ、移動等の制限も徐々に緩和されてきております。菅政権が発足しアベノミクスの継承かといわれている中、長期金利の影響で、三菱銀行以外の大手行の多くは前月より下げております。昨今のコロナ不況によりFRB(アメリカ連邦準備理事会)は2022年末頃までゼロ金利政策を維持するとの事で、ここ数年間は日本の利上げ可能性が低いとみている専門家が多くおります。今後の政策によって住宅ローン金利に影響することがあり、コロナショックを機に経済政策の大幅転換の可能性もあるので動向には注視していきたいですね。

 

フラット35金利は、前月からの金利は3ヵ月ぶりの引き下げで0.02%減の1.30%となっております(団体信用生命保険込、借入期間21年以上、頭金10%以上)。

 

「フラット35S」(省エネルギー性、耐震性など質の高い住宅が対象です)であれば、当初10年または5年間は、1.05%(6年目以降は1.30%)と低金利となっております。

 

 

~お客様へ~

 

「ゼロネクスト」では新型コロナウイルスの発生に伴う拡散・感染予防対策として、緊急事態宣言解除後も下記の対策を行っております。

 

※感染拡大の防止の観点から、事務所へ出社する社員を制限し、多くの社員・スタッフについて在宅勤務を継続しております

※37度以上の熱がある従業員や体調不良者の自宅待機

※社内衛生環境の強化

※事務所内の接客ルームの衛生環境強化

 

咳およびその他風邪の諸症状や発熱、強いだるさや息苦しさ等があるお客様におかれましては、誠に恐縮ですが、物件内覧をご遠慮いただき、感染拡大防止にご協力をお願い申し上げます。

 

上記は、お客様並びに社員の健康と安全確保のための対策であり、安心してご相談いただける環境づくりを行ってまいります。

 

1 2 3 4 5